イベントレビュー SCAJ2021

1 min read

イベントレビュー SCAJ2021

こんにちは、Kigu担当のNaruoです。

今日は遅ればせながら、2021年11月17日〜19日に東京ビッグサイトにて行われた、

SCAJ ワールド スペシャルティコーヒーカンファレンス アンド エキシビション 2021に出展させていただいたご報告をさせていただきます。(写真だけでも見ていってください。)

 

SCAJカンファレンスはアジア最大規模のスペシャルティコーヒーに特化したイベントで、コーヒー業界関係者が集う年に1度のお祭り。焙煎師や、バリスタによる競技会などもある、コーヒー好きにはたまらないイベント。

 

 

 

テレビCMをやるような有名企業、BtoBでエスプレッソマシーンなどを卸している企業、ミルクの会社、最近大きな資金調達をしたサブスクサービスを展開するベンチャー企業などなど、本当にたくさんの団体が出展していました。

 

 

その中で、当社(合同会社Kurasu)は、2つのブースを展開。コーヒーのサーブや豆販売をするCoffee Villageエリアでは、Kurasuカフェのヘッドバリスタ、ゼネラルマネージャー、焙煎士という最強の布陣でショップを置いて、たくさんのお客さまにご利用頂きました。(マネージャーのayakaさんのKurasuブース報告ブログはこちら)

そしてKiguは、大きな企業などが乱立する一般エリアにて、取り扱い商品やブランドの紹介をするブースを構えました。グループ会社でアプリの開発・運営をしている、株式会社KOHIIも一緒です。

 

 

 

Kiguは、海外のかっこいいコーヒー器具を輸入するブランド。今、船に乗って日本に器具達がやってきた!というイメージを想起するために、輸送でよく使われるような木箱をディスプレイ用に配置。箱についている赤いサインは、実は現実には存在しないものです。遊び心も入っています。

 

 

また手前のテーブルには、アイキャッチな白色で統一した器具達と、会社スタッフみんなで前日まで折り貼りして作った手提げの紙袋、ブランドや製品を紹介するカードを。これらもとっても好評で、カードを楽しそうに袋詰めしているシーンをお客さんをたくさん見ました。

今回配布物からブースまで、全てデザイナーのMizさんがデザインしてくださりました。本当にありがとうございました。

 

 

もう一つのテーブルには、コーヒーオタク心をくすぐるようなガジェットを並べました。特に、来年販売開始予定の「Ode Brew Grinder」は注目の的。試し挽きで、その静音性や挽きの速さに、みなさん感動されていました。

 

 

 Kiguのブースでは、コーヒーの提供などは行っていませでしたが、それでもたくさんの方がブースに足を止めて頂き、ブランドのお話、器具の使い方など、個人・企業かかわらず、様々な方とお話出来ました。

 

 

Kiguはリアルな店舗を持たない、オンラインショップです。実際に色んな方から生のお話を聞けるのは、今後の商品選びなどに大きく参考になります。

 

あとシンプルに、普段はずっとデスクワークなので、色んな方と喋れるのがとっても楽しかった。

 

メールでのやり取りしかなかった方に出会えたり、いつも利用してくれているお客さんと喋れたり、憧れだった方を見かけたり、古い友人に再会したり、刺激だらけ。

 

 

ただ所謂こういったトレードショーに公私共に初めて参加したので、毎日ヘトヘトでした。会社のみんなが協力してくれたお陰で、最後までやり切ることが出来ました。

  

反省点も本当にたくさんありましたが、会期中から来年に向けての修正点やアイデアが湧いてきて、今から次回が楽しみで仕方ないです。

 

 

今回、ブースに足を運んで下さった皆さま、またブースの施工をしてくださった関係者の方々、そして会社のチームのみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

Kiguは今後もっと商品ラインナップ、サービスを拡大します。

大きくなって帰ってきてやるぞSCAJ!

 



Also in Blog